ヤキトリヤシチ

やきとり 弥七

050-5870-4069

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

森本 武志 氏 モリモト タケシ

かねてより好きだった、焼き鳥へのこだわりを受け継いで

1983年、兵庫県生まれ。幼い頃から母親を手伝って料理をしていたのが、この道に入るきっかけに。96年から福岡市内の中華料理やホテル、焼き鳥店などで修業。2008年、かねてより好きだった焼き鳥一本に絞って【やきとり 弥七】で学び、のちに店長に。焼き方や味つけはもちろんのこと、ネタの大きさから串の種類、刺し方に至るまで、こだわりのスタイルを継承している。

専門ジャンル
和食全般
経験年数
23年

自慢の一品

朝びきしたばかりの、プリンプリンの「鳥キモ」を召し上がれ

毎日、朝びきしたキモを一から捌いています。鮮度抜群、血なまぐささや臭みもありません。かたくなるギリギリの火入れにこだわっているのでプリンプリンの食感が自慢です。独自ブレンドの塩で召し上がってください。

こだわりの食材

分厚い串焼きがジューシーな、黒毛和牛のサガリ

鹿児島県で育った黒毛和牛のサガリが自慢です。横隔膜のまわりの筋肉ですが牛一頭からは1本のみがとれる稀少品。赤身質で霜降りは多くなくやわらかな肉質が特徴です。これを分厚くカットした串焼きはおすすめです。

おもてなしの流儀

煙臭くない焼き鳥店を目指しています

味はもちろんのことお客様に快適に過ごしてもらえるように心がけています。店内、焼き台、換気扇にいたるまで営業の前後に入念に手入れをしています。煙臭くない焼き鳥店。皆様に寛いでもらえるよう尽力しています。

目にも楽しい、塩降りのパフォーマンスも

お客様に少しでも楽しんでもらおうと、塩を高い位置から降りかけるパフォーマンスもをしていますので宴会などで大いに盛り上げてくれます。巨大なショーケースに並んだネタは味だけでなく目でも楽しめます。

プロが教える食の知恵袋 おいしいヒント

森本 武志 氏

ネタの旨さが一番引き立つ、自分好みのスタイルを研究して

おいしい焼き鳥をつくるコツは火入れだけではなくネタの大きさ、串の種類、刺し方によってそれぞれなので数え出せばきりがありません。一つひとつを研究して自分なりのスタイルを身につけると面白いかもしれません。

営業時間・定休日

営業時間

【月・水・木・日・祝】
ディナー 17:30~00:00 (L.O.23:30)
【金・土・祝前】
ディナー 17:00~00:00 (L.O.23:30)

定休日

火曜日

やきとり 弥七に行った7人の投稿から算出しています。

このお店のクチコミを見る

あなたにオススメのお店

平尾/清川でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

この情報は2021年7月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top