キョウノリョウテイセンジュカク

京の料亭 千寿閣

050-5384-8894

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

則竹 暁裕 氏 ノリタケ アキヒロ

“和の奥行き”を感じさせてくれる食のプロフェッショナル

1975年、愛知県生まれ。20歳で飲食業界に飛び込む。【京都ブライトンホテル】内にある正統派京懐石のお店【蛍】にて料理人としての修業をスタート。その後全国のホテルレストランで経験を積み、2014年に現在の会社に入社。“京料理”の概念にとらわれることなく、フレンチや中華など、さまざまなジャンルのエッセンスを用いて【京の料亭 千寿閣】の料理長として腕を揮っている。

専門ジャンル
日本料理・懐石・割烹
経験年数
26年

自慢の一品

意外な取り合わせが極上の味わいを生み出す『近江牛のステーキ』

近江牛のサーロインをステーキで。だしが効いたソースを掛け、さらに山芋の山葵漬けを刻んだソースを合わせています。複雑に重なりあった味わいが、口の中でとろけるように広がります。

こだわりの食材

四季折々の旬のものを厳選。質のいいもののみを仕入れる

その時々で旬を迎えた食材を仕入れ。状態のいいものを厳選しています。素材そのものがもつおいしさを最大限に引き出し、それぞれに合わせて最適に調理。美しい一皿に昇華しています。

おもてなしの流儀

洗練された料理の数々で、忘れられないひと時を演出

「一番にだし、そして塩にこだわり、誠心誠意の気持ちを尽くして料理をつくっています」と語る則竹氏。過去の経験を活かし、食材の新たな可能性を提示するべく、洗練された味わいに仕立てています。

まるで“タイムスリップ”したかのような気分に浸れる特別な空間

明治時代の建物を移築してできた【京の料亭 千寿閣】。天井の網代張りや、黒檀の床柱など、当時の気配が残っており、“非日常”に誘ってくれる特別な空間です。古に思いを馳せながら、ゆるりとくつろげます。

営業時間・定休日

営業時間

ランチ 11:30~14:30 (L.O.13:30)
ディナー 17:00~21:00 (L.O.00:00)※緊急事態宣言中は20:00までの営業とさせていただきます。(L.O.19:30)

定休日

無休

金閣寺・北山・銀閣寺×和食のアクセスランキング

もっと見る

金閣寺/衣笠/京都市北区でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

金閣寺・北山・銀閣寺で歓送迎会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2021年5月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top