カイヤ

貝屋

050-5384-3698

※予約・お問合わせの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

抜群の鮮度が自慢! リーズナブルに本格的な貝類と熟成魚が楽しめる海鮮居酒屋

いけすに入った貝を取りだし、その場で調理。【貝屋】の名前の通り、鮮度抜群の貝類を心ゆくまで味わえる通好みのお店です。小樽の漁師さんから直送なので、相場よりも安く新鮮な貝を楽しむことができます。とくに『貝の盛り合わせ』や『帆立のバター焼き』は、旬の貝を贅沢に味わえるメニューとあって人気。貝類に合う地酒をはじめ、各種日本酒、ビール、ハイボール、焼酎まで取り揃えています。水揚げの時期によって変わる季節の貝とお酒をゆっくり楽しんでください。照明の落ち着いたお洒落なカウンター席とテーブル席があり、お一人様でも大人数でも利用可能。店主さんの気さくでユニークな人柄も魅力です。

貝屋
これだけは食べてほしいベスト3

新鮮な貝類をたらふく楽しめる『貝の盛り合わせ』

季節によって変わる、旬の貝類の盛り合わせ。漁師さんから直送で仕入れる、名物・厚岸の牡蠣をはじめ、帆立、ホッキ貝、シロ貝、ツブ貝など。見た目にも豪華な一品です。

メニューを見る

新鮮な貝類をたらふく楽しめる『貝の盛り合わせ』

大きな帆立に濃厚なバターの旨み『帆立のバター焼き』

大きく柔らかい帆立に濃厚なバターが染みて、貝の旨みがあふれる一品。とにかくお酒によく合います。一度食べるとヤミツキになること間違いなしです。

大きな帆立に濃厚なバターの旨み『帆立のバター焼き』

小樽の海から直送!新鮮でおいしい季節の『貝3種』

帆立をベースに、牡蠣、ホッキ貝など、旬の新鮮な貝類を3種類味わっていただけるセットです。漁の時期や相場によって、内容と料金に多少の変動があります。

小樽の海から直送!新鮮でおいしい季節の『貝3種』

料理人 / 秋山 隆 氏 (アキヤマ タカシ)

専門ジャンル:日本料理・懐石・割烹

安心で質の良い素材でつくったものを食べて欲しい

1980年、北海道生まれ。子ども頃から料理が好きで、18歳の時に料理人の道を進むことを決意。以来22年間、和食に軸足を置きつつ研鑽を積んできた。安心で質の良い食材を使用することがモットー。とくに店の人気メニューである貝へのこだわりは強く、地元の漁師さんから直接仕入れている。自分がつくった料理を口にしたお客様の笑顔がやりがい。

プロフィールを見る

秋山 隆 氏

写真

  • 小樽の海から直送!新鮮でおいしい季節の『貝3種』

    小樽の海から直送!新鮮でおいしい季節の『貝3種』

  • 新鮮な貝類をたらふく楽しめる『貝の盛り合わせ』

    新鮮な貝類をたらふく楽しめる『貝の盛り合わせ』

  • 大きな帆立に濃厚なバターの旨み『帆立のバター焼き』

    大きな帆立に濃厚なバターの旨み『帆立のバター焼き』

お店の写真を募集しています

お店で食事した時の写真をお持ちでしたら、是非投稿してください。
あなたの投稿写真はお店探しの参考になります。

投稿アイコン

写真追加

貝屋の店舗情報

基本情報

店名 貝屋
TEL

050-5384-3698

011-211-1256

※コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございますので、ご来店時は事前に店舗にご確認をお願いします。

最寄駅 札幌市営地下鉄南北線 すすきの駅 徒歩5分
アクセス 札幌市営地下鉄南北線 すすきの駅 徒歩5分
住所 北海道札幌市中央区南3条西7丁目 M’sBLD2F 地図を見る
営業時間
【平日・土】
16:30~00:00
定休日 日曜日
第2・第4水曜日

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
3000円
その他決済
PayPay

設備情報

キャパシティ 14人 ( 宴会・パーティー時 着席:14人 )
席数形態 デート向けの座席あり
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 喫煙可

※2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律が施行されました。正しい情報はお店にお問い合わせください。

こだわり

よくある質問

  • Q.予約はできますか?

    A.電話予約は 050-5384-3698 から承っています。

  • Q.場所はどこですか?

    A.北海道札幌市中央区南3条西7丁目 M’sBLD2F 札幌市営地下鉄南北線 すすきの駅 徒歩5分 ここから地図が確認できます。

すすきののアクセスランキング

もっと見る

すすきのでランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

すすきので忘年会・新年会におすすめのお店

もっと見る

この情報は2020年11月現在の情報です。掲載情報が異なっている場合はこちらのフォームからご連絡下さい。

ページトップ


Back to Top

報告する