1. ヒトサラトップ >
  2. ヒトサラfacebookアプリ利用規約

ヒトサラfacebookアプリ利用規約

ヒトサラFacebookアプリ利用規約(以下「本規約」という)は、株式会社USEN(以下「甲」という)が提供する店舗掲載情報に係るサービス「ヒトサラ」に付帯する追加サービスとして提供する「ヒトサラFacebookアプリ」(以下「本サービス」という)を利用する者と甲との間の契約(以下「利用契約」という)で適用される規定を定めるものである。

第1条(本サービス)

本サービスは、ヒトサラに係るサービスのオプションサービスとして、ヒトサラに掲載されている店舗情報および画像等(以下「コンテンツ」という)の一部をFacebook社(Facebook,Inc.)が提供するソーシャルネットワーキングサービス(サービス名を「Facebook」という)へ掲載するものである。

第2条(利用契約)

  • 1. 本サービスは、甲との間でヒトサラへの掲載に係る契約(以下「ヒトサラ契約」という)を締結、または締結の申込みをした者に限り、申込みをすることができるものとする。
  • 2. 利用契約は、本サービスの内容、および仕様等の詳細、ならびに利用料金が記載された甲所定の申込書に必要事項を記入の上、署名又は記名、並びに捺印をし、当該申込書を甲に提出した者と甲の間にて、当該申込書を提出した日をもって成立するものとする。なお、利用契約は、ヒトサラ契約の締結がなされない限り、成立なしえないものとする。
  • 3. 前項の定めに基づき利用契約が成立した者(以下「乙」という)は、甲が別途定める「ヒトサラ店舗会員規約」、およびFacebookを利用することについてFacebook社が定める「Facebook利用規約」を遵守するものとする。
  • 4. 甲は、利用契約の成立後、本サービスの提供を開始する日(以下「提供開始日」という)を乙に対し通知するものとする。なお、提供開始日は、その通知後においても、甲による再通知により随時変更ができるものとし、乙は予めこれを承諾するものとする。

第3条(有効期間等)

  • 1. 利用契約は、当該利用契約の成立日をもって効力が生じるものとする。
  • 2. 利用契約は、本サービスの提供を開始した日の属する月の翌月から起算して6ヶ月目の末日をもって効力を失するものとする。ただし、当該効力の失する日が属する前月の末日までに甲または乙、いずれか一方からの書面による解約の意思表示がない限り、当該効力は、自動的に1ヶ月間延長されるものとし、以後も同様とする。
  • 3. 利用契約の終了日(時間)とは、次の事由のいずれかが到来した日とする。
    1. (1) 利用契約の効力が失した日
    2. (2) ヒトサラ契約が終了した日
    3. (3) 第7条に基づく乙の通知による解約がなされた日
    4. (4) 第8条に基づく甲の通知による解約がなされた日
  • 4. 甲は、前項第(3)号、および第(4)号の各通知の原因となる事実の発生と同時に本サービスの提供を中止することができるものとする。
  • 5. なんらかの事由(前二項を含むが、これに限らない)により利用契約が終了した場合、甲は、ヒトサラとFacebook店舗ページとのコンテンツの連携の削除を、乙は、次条に定める管理者権限を行使してFacebookアプリの削除を、それぞれ実施するものとする。

第4条(管理者権限)

  • 1. 乙は、利用契約の成立日から提供開始日までの期間に限り、Facebook社から許諾を受けている全ての権限(以下「管理者権限」という)を甲が乙に代わり行使することを許諾するものとする。なお、本サービスの提供開始をもって、以降、乙は、自らの管理者権限を自らの責任において行使するものとする。
  • 2. Facebook店舗ページアカウントの取得代行を甲に申込んだ乙は、前項の定めによらず、本サービスの提供開始をもって、管理者権限を甲から何らの条件を付加することなく譲受するものとする。

第5条(本サービス利用料金)

  • 1. 乙は甲に対し、本サービスの利用料金として申込書に記載された金額を毎月支払うものとする。
  • 2. 乙は甲に対し、提供開始日が属する月から、当月分の本サービスの利用料金を当月末日までに支払うものとする。
  • 3. 乙が甲に対して支払った本サービスの利用料金は、事由の如何(乙の事情により途中で利用契約が終了した場合を含むが、これに限らない)を問わず返還しないものとする。
  • 4. 甲は、乙の承諾なく、サービス利用料金等の改定または部分的変更を行うことができるものとする。なお、当該改定または部分的変更は、当該改定または部分的変更の効力が生じた日以降、新たに到来するサービス利用料金等の支払から適用されるものとし、乙はこれらを予め承諾するものとする。

第6条(本サービスの一時中断・停止)

  • 甲は、以下の各号に定める事象が生じた場合、乙に何らの連絡をなくして、一定期間本サービスを停止することができるものとし、この場合、乙は、本サービス停止による本サービスの利用料金等の返還、損害の補償等を何ら甲に対して請求しないことを予め承諾するものとする。
    1. (1) 甲のサーバー、ソフトウェア等の点検、修理、補修、改良等のための停止
    2. (2) コンピューター、通信回線等の事故、障害による停止
    3. (3) 天災地変、火災、停電等甲の責によらない事由による停止
    4. (4) 甲が設置または管理する設備の異常、故障、障害その他サービスを乙に提供できない事由による停止
    5. (5) Facebookのサービス中断による停止
    6. (6) その他、合理的にやむを得ないとする事情による停止

第7条(乙によるサービスの解約)

  • 乙が利用契約の有効期間内において、利用契約を解約する場合には、解約する日が属する月の前月末日までに甲所定の書面により申し入れるとともに、本サービス利用料金の6ヶ月分に相当する額から既に支払った本サービス利用料金を控除し算出された金員を解約金として甲に対し一括にて支払わなければならないものとする。

第8条(甲によるサービスの解除・解約)

  • 1. 甲は、乙が以下のいずれかの事由に該当した場合には、何らの催告なしに利用契約を解除するとともに、直ちにヒトサラとFacebook店舗ページとのコンテンツの連携の削除を実施することができるものとする。
    1. (1) 本規約に違反したとき
    2. (2) Facebook社がFacebookの乙の店舗ページの掲載を中止したとき
    3. (3) 利用料金等の支払い債務の一部または全部の履行を遅滞し、または故なく支払いを拒否したとき
    4. (4) 手形または小切手の不渡りが発生したとき
    5. (5) 差押え、仮差押え、仮処分その他の強制執行または滞納処分の申し立てを受けたとき
    6. (6) 破産、民事再生、会社更生、会社整理または特別精算の申し立てがされたとき
    7. (7) 前四号の他、乙の信用状態に重大な変化が生じたとき
    8. (8) 解散または営業停止状態になったとき
    9. (9) 甲による連絡が取れなくなったとき
    10. (10) 業務運営について行政当局による注意または勧告を受けたとき
    11. (11) 本項各号のいずれかに準ずる事由があると甲が判断した場合
    12. (12) その他甲が乙との利用契約の継続が困難であると判断した場合
  • 2. 甲は、前項の定めに加え、事由の如何を問わず、1ヶ月前までに書面で乙に通知することにより、利用契約を解約することができるものとする。
  • 3. 前二項により利用契約が終了した場合、乙は、未履行である金銭的債務の履行及び利用契約終了日までに生じた本サービス利用料金を直ちに支払うものとする。なお、本項の定めの適用を受ける場合、当該利用契約終了日が属する月の本サービス利用料料金の日割り計算、ないしは減額など、一切行われないものとする。
  • 4. 本条第1項、および第2項により利用契約が終了した場合でも、甲は、乙に対し、設備投資、費用負担、逸失利益、およびその他乙に生じた損害につき一切責任を負わないものとし、乙はこれを予め承諾するものとする。

第9条(免責)

  • 1. 甲は、次の各号における損害対する責(賠償責任を含むが、これに限らない)を何ら負わず、乙は、これを予め承諾するものとする。
    1. (1) 本サービスの利用に関して乙が被った損害
    2. (2) Facebookに掲載されたコンテンツが、第三者の著作権を含む知的財産所有権、肖像権等、およびその他のなんらかの権利を侵害したことにより生じた損害
    3. (3) Facebookの仕様変更、または不具合等に伴い、本サービスが利用できなくなった場合、乙または第三者が被った損害
  • 2. 乙は、利用契約に関して、乙と第三者との間で生じた紛争を自らの責任において解決し、甲に何らの迷惑をかけないものとする。

第10条(損害賠償等)

  • 1. 乙は利用契約に違反または不正ないし違法な行為を行ったことにより、甲または甲の業務の代理を行う者(以下「代理店」という)に与えた損害について、甲または代理店に対し損害賠償の義務を負うものとする。
  • 2. 賠償すべき額には、甲が賠償請求権行使のために必要とした一切の費用が含まれるものとする。
  • 3. 乙は、乙の行為が原因で、他のヒトサラ契約、利用契約締結者、ユーザーまたは第三者との間に紛争が生じた場合、直ちにその事実を甲に通知するとともに、甲ないし代理店に損害を与えないよう対処する義務を負うものとする。
  • 4. 甲は、掲載されているコンテンツによって行われる取引きに起因する損害、またはコンテンツが掲載されたことにより起因する全ての損害についての責任を何ら負わないものとし、乙は、これらの解決、またはこれらにより生じた損害を自らその他の当事者の間で解決するものとする。甲はこれらのトラブルに関するサポート業務も一切行わず、乙は、これらを予め承諾するものとする。
  • 5. 甲は、乙が前項の義務を尽くすか否かにかかわりなく、第三者との紛争に巻き込まれ、あるいは損害をこうむるおそれがある場合、甲の判断により独自に対応行う場合がある。乙は、この場合に甲が自己の権利を防衛するための支出した一切の費用(弁護士費用を含むが、これに限らない)を全て事前または事後に負担するものとする。
  • 6. 請求の根拠の如何を問わず、「ヒトサラFacebookアプリ」に関して乙が甲に対して請求できる損害賠償は、甲の責めに帰すべき事由により乙が直接被った通常の損害に関するものに限定されるものとし、かつ、その金額は、利用契約に基づき甲が受領した料金の合計を上限とするものとし、乙はこれを予め承諾するものとする。
以上
付則 本規約は2012年10月1日から実施する。

▲ページTOPへ