これから美味しくなる 旬を先取り 秋の味覚が楽しめるお店

秋はさまざまな食材が旬を迎え、格別な味が楽しめる時期。松茸、新蕎麦、秋鮭、紅葉鯛、茸、新米などが楽しめるお店を厳選。食欲の秋に思いきり秋の味覚を満喫できる、とっておきの一軒をご紹介します。

旬の食材から秋の味覚が楽しめるお店を探す

  • 松茸
  • 新蕎麦
  • 秋鮭
  • 紅葉鯛
  • 茸
  • 新米

松茸

秋を代表する味覚。9月から11月頃にかけて、多くの和食処や料亭で「松茸の土瓶蒸し」をはじめとする料理が卓を飾り始めると秋を感じさせてくれます。その繊細な香りと風味を思う存分に味わってください。

新蕎麦

秋に出回る新蕎麦は「秋新(あきしん)」と呼ばれ、昔から味も香りも格別と言われてきました。喉ごし豊かな新蕎麦が出回る頃に深まる秋を感じながら蕎麦屋で一杯いかがですか?

秋鮭

秋に生まれた川の沿岸へ産卵のために戻ってくる鮭は秋鮭と呼ばれ、メスは卵(筋子)をたくさん抱え、筋子やいくらも格別な味を楽しめる時期です。”アキアジ”とも呼ばれる旬の鮭をご堪能ください。

紅葉鯛

秋に獲れる紅葉鯛は、ウロコに赤みが増し、まるで深まる秋に木々が色づく時期と重ね合わせるような様相を見せてくれます。冬を前に脂のりも良く、真鯛の中でも最上級と言われる紅葉鯛をご堪能ください。

茸

秋になると味や香りが増し、食卓を彩る食材として様々な料理に登場する茸。 食物繊維が豊富で栄養価が高い、そしてボリュームがあるのに低カロリーと良いことづくめの秋の旬を楽しみましょう。

新米

やわらかく粘りがあり、香り豊か、噛むほどに新米の香りと甘みが増し、「ごはんの本当のおいしさ」がわかる新米。黄金色の稲穂が頭を垂れる実りの秋に、相応しい新米料理を堪能してください。

秋の味覚が満載、ヒトサラ編集部オススメまとめ

Back to Top