• photo
  • photo
  • photo

旬味への誘い

魅惑の香り
「松茸」

秋を感じさせる松茸の芳醇な薫り。今年はコース料理で食してみてはいかがでしょうか。焼いても良し、蒸しても良し、出汁として味わうも良し。秋の到来とともに、薫る松茸をお楽しみください。

松茸炭火一本焼き

贅沢に、丸ごと一本焼くことで生まれる
風味と水分が凝縮された瑞々しい味わい
総料理長が自ら焼き上げる
食通も唸る【舞桜】の松茸

 秋になると恋しくなる松茸。芳香、風味、食感、そのすべてが王者の風格を備えています。銀座【舞桜】は、最高の松茸を楽しめると食通の間で評判のお店。皆さんのお目当ては『松茸炭火一本焼き』。総料理長自らがテーブルを訪れ、目の前で焼き上げてくれるプレミアムな逸品です。
 立派な松茸を菜箸でころがしながら、炭火で炙ると、得もいえぬ香りが広がってきます。丁寧に焼き上げること13〜15分。見た目が少しだけ縮みますが、それは旨味と水分がギュッと凝縮された証。熱々の松茸を割くと、ジュワーと水分がにじむ様子が見られます。ひと口頬張れば、瑞々しくジューシーな食感に驚くはず。一本丸ごと焼くからこそ実現できる、まさに至高の味です。
 単品でも注文できますが、『松茸土瓶蒸し』や、『松茸の天婦羅』、『松茸ご飯』なども一緒に楽しめる『舞桜極味松茸づくしコース』がおすすめ。大切な人やご家族を連れて、この季節ならではの贅沢に酔いしれてはいかがでしょうか。

chef-photo

金城 正昭 氏
松茸から水分が逃げないように焼くため、ジューシーな食感を楽しんでいただけます。秋一番の名物をぜひお召し上がりください

金城 正昭 氏の情報を見る
撮影/大鶴 倫宣
文/梶野 佐智子
  • main-photo

    総料理長がゲストの目の前で焼き上げてくれる『松茸炭火一本焼き』。その間に、松茸や料理に関する知識を披露してくれるので、お話しに耳を傾けながら焼き上がりを待つのも楽しいひと時です

  • sub-photo

    松茸、鶏、海老、三つ葉が入った『松茸土瓶蒸し』。松茸の風味漂う逸品で、人気のメニューです

  • sub-photo

    衣との食感の違いが楽しめる『松茸と伝統野菜の天婦羅』。日本酒との相性も抜群です

松茸のしゃぶしゃぶ

松茸の風味を「しゃぶしゃぶ」で堪能
厳選日本酒と合わせて贅沢なひとときを
【東京肉しゃぶ家】の松茸三昧は
焼き・しゃぶしゃぶ・炊き込みご飯で

 今年6月、東新宿に店を構えた【東京肉しゃぶ家】は、牛タンをメインに鮑などの旬の食材を使ったしゃぶしゃぶ料理がいただけるお店です。
 この秋登場した『特選松茸しゃぶしゃぶセット』は、出汁にも松茸を使用し、秋香るしゃぶしゃぶが味わえます。出汁に使われる薄くスライスされた松茸も食べることができ、こちらは柔らかな食感。約30秒ほど出汁にくぐらせたしゃぶしゃぶ用の松茸はシャキシャキとし、2つの食感を楽しめます。松茸のつけダレは、仕込みから1週間丹精込めて仕上げた自家製のポン酢がマスト。昆布の香りがふわっと香り、松茸の旨味をより一層引き立たせます。
 そして『松茸焼き』、『松茸のおじや』と贅沢な松茸の料理が続きます。「この価格でこの質と味を提供するなんて、と驚かれると嬉しいです」と語る、店主の 高 忠伸さん。値段はリーズナブルですが、どの料理にもしっかりとした品格が感じられます。
    食器や酒器、内装に至るまでとことんこだわりが詰まっている空間と絶品しゃぶしゃぶで、上質な秋の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。   

chef-photo

高 忠伸 氏
松茸とサーモンの組み合わせは、若者からお年寄りまで幅広いお客様に人気です。お腹いっぱいになるまで味わってください。

高 忠伸 氏の情報を見る
撮影/岡本 裕介
文/ヒトサラ編集部
  • main-photo

    しゃぶしゃぶと聞いて頭に浮かぶのは肉のことかもしれません。ここ【東京肉しゃぶ家】では、“松茸”のしゃぶしゃぶが味わえます

  • sub-photo

    『松茸焼き』は、まず塩を付けて素材の味を堪能。カボスをやトリュフなど、味に変化をつけるのもおすすめです

  • shop-photo

    珍しい品種が豊富に取り揃えられた日本酒は、お洒落な酒器と共にお飲みいただけます

松茸が味わえるお店

旬カレンダー

Back to Top