1. ヒトサラトップ >
  2. 旬味への誘い >
  3. 煌めく秋の宝石「いくら」
  • photo
  • photo
  • photo

旬味への誘い

煌めく秋の宝石
「いくら」

ぷちぷちとした食感と濃厚な味わいが魅力のいくらは秋が旬。生で、醤油漬けで、炊き込みご飯で。さまざまな形で美味しくいただけるいくらを大切な人と食す。そんな至福の時が過ごせるお店をご紹介します。

うにいくら御飯

ぎっしりと敷き詰められたいくらとウニが
レアで供される贅沢な土鍋御飯
「寿司屋と同じ鮮魚を気軽に食べてほしい」
そんな想いではじめた【魚輝】

 寿司屋で修業を積んだ店主が営む海鮮料理の店【魚輝】。六本木・ミッドタウンにほど近く、全席ほりごたつ式のくつろぎの空間です。こちらの看板メニューである『うにいくら御飯』は、その旨さとインパクトのあるビジュアルが口コミで広がり、来店する客の9割以上がオーダーする人気メニューとなっています。
 『うにいくら御飯』で使用されているのは、濃厚でやわらかい北海道産のいくら。それを薄口のしょうゆ漬けにし、提供する直前に土鍋に加えるそう。一面にぎっしりと敷き詰められ、宝石の如く光り輝くいくらとほんのり漂うしょうゆ出汁の薫り。ふたを開けた時のインパクトたるや、その美しさと薫りに誰もが感嘆の声を上げます。
 いくらとともに並ぶウニは甘くてふっくら。少し固めに炊かれ粒の立った新潟産のコシヒカリとともにすべてを混ぜ合わせ口の中へ運べば、濃厚な甘さが口中に広がります。そんな贅沢な味わいの『うにいくら御飯』を、最も美味しく味わえる秋に食してみてはいかがでしょう。

chef-photo

高柳 輝人 氏
魚を美味しく食べて頂きたい。そんな想いで料理を作り続けています。ぜひ一度お越しください。

高柳 輝人 氏の情報を見る
撮影/中込 涼
文/ヒトサラ編集部
  • main-photo

    『うにいくら御飯』は、いくらとウニ、ご飯をすべて混ぜて一体感をお楽しみください。しょうゆ出汁の風味といくらやウニの濃厚な味わいが口中に広がります。炊き上がりまでは1時間ほどかかるので早めにご注文を

  • sub-photo

    高知の『文佳人』や『酔鯨』など、魚の邪魔をしないすっきりとした味わいや辛口の日本酒を提供しています

  • sub-photo

    トロたくと大葉を挟み、ウニといくらを乗せた『魚輝オリジナル寿司』。たくあんの食感がアクセント

元祖わがまま丼

濃厚な旨味が弾ける、珠玉の北海道産いくら
ご主人の愛情が詰まったボリューム満点の一杯
【深川つり舟】でいくら三昧を
 お楽しみください

 国立駅のほど近くにある【深川つり舟】は、ボリューム満点の料理で学生たちに愛され続けているお店。この季節にぜひいただきたいのが、ご飯が見えないほど贅沢にいくらを盛り込んだ、『元祖わがまま丼』です。使用しているのは、北海道産。国産もののなかでも、格別の美味しさを誇る、高品質のいくらです。
 「北海道産のいくらは、皮が柔らかい。それが、自分の味つけには丁度いいんです」と語るのは店主の湊 実さん。その言葉通り、弾ける食感はありながら、皮が残らず、舌にしっとりとろけていきます。いくらの濃厚な旨味を引きたてるため、醤油ダレはやや甘めの仕上げ。ほかほかのご飯と共に口いっぱいに頬張れば、その美味しさに思わず顔がほころびます。嬉しいことに、ご飯とお味噌汁の御代わりは何回でも自由です。
 「美味しいものを、お腹一杯食べて欲しいだけなんですよ」と笑う湊さん。ご主人の愛情が生んだ、贅沢な一杯をぜひご堪能ください。   

chef-photo

湊 実 氏
いくらとサーモンの組み合わせは、若者からお年寄りまで幅広いお客様に人気です。お腹いっぱいになるまで味わってください。

湊 実 氏の情報を見る
撮影/富澤 元
文/梶野 佐智子
  • main-photo

    ひと粒ひと粒が、美しく輝くそのビジュアルは垂涎ものです。ひと口頬張れば、プチッと弾け、舌の上に旨味がとろけていきます。いくらの上にサーモンが盛られた様子は、まさに海の親子丼

  • sub-photo

    ご飯の上にネギトロを敷き、漬けマグロ、納豆、大葉、サーモンをのせた『しおり丼』も人気

  • shop-photo

    日本酒などのお酒も楽しむことができます。『魚沼』は、純米ながらすっきりした飲み口が魅力です

いくらが味わえるお店

旬カレンダー