旬味への誘い

 2015年はコレ
スイーツ×お酒」の
 マリアージュに
      酔いしれる

スイーツとお酒。それぞれ好きな人間を甘党、辛党と真逆に分類している通り、一見相反するように思われるこの組み合わせが静かにブームを呼んでいます。今回はなかば鉄板とされていたものに加え、「あんこ」と「日本酒」という新しい組み合わせまでご提案。スイーツと距離を置いていた紳士、お酒が控えめだった淑女にも捧げるマリアージュの新機軸をお楽しみください。

チョコレート×シングルモルト

ショコラティエが提案する幸せなる大人の贅沢
ショコラと美酒の組み合わせに男性をも魅了される
ショコラの奥深さを存分に味わえる
【パティスリー&カフェ デリーモ】

 スイーツ男子たる言葉も今は昔。もはや「男が甘いものを食べること」は世間から十分な認知を得て、喜色満面の“甘党”の男性達。一方でその対義語にあたりお酒好きを意味する“辛党”のなかにも「スイーツも、お酒も好き」、「スイーツに興味がある」って男性も少なくないはずです。
 そんな“甘辛”男子達に提案したい店が【パティスリー&カフェ デリーモ】。ショコラティエの江口和明氏が生み出す世界各国のショコラ素材を活かしたスイーツや、季節の素材を活かしたオリジナルメニューが支持されるパティスリーです。
 世界的に有名な児童小説をモチーフにしたファンシーな店内を見渡せば、やはり多くを占めるのは女性、もしくはカップル。しかし緊張気味の男性諸君、どうぞご安心あれ。「男性2人あるいはグループで、なかにはお一人で訪れる方もいらっしゃいますよ」と江口氏が説明する通り、よく見れば男性だけでスイーツを楽しむ方々の姿も。
 そして本題。この店がユニークなのは、自慢のショコラにぴったりと寄り添うお酒を提案してくれる点。今回紹介してくれたのは『アマンドショコラ』と「山崎 12年」の組み合わせ。カカオの深い苦味とキャラメルナッツのコク、それに塩味を効かせた『アマンドショコラ』を、ホワイトオークで熟成され、微かなバニラの風味を纏ったシングルモルトが引き立ててくれます。
 「一度口にすると止まらなくなる」と江口氏が語る甘くて辛い『アマンドショコラ』と美酒の組み合わせに魅了されていく内に、最初の気負いも自然と消えているはず。この魅惑の組み合わせ、一度ハマると抜け出せそうにありません。

chef-photo

江口 和明 氏
毎月1回のペースでティスティング会を実施しています。ティスティング会ではどちらか一方からでなく、お気に入りのお酒、ショコラをもとにそれにあう“相棒”を探す形をとっています。

江口 和明 氏の情報を見る
撮影/岡本 裕介
文/ヒトサラ編集部
  • main-photo

    「クセになる味」と江口氏が評する『アマンドショコラ』にはスペイン産マルコナアーモンドをキャラメリゼし、カカオ56%のチョコレートで薄くコーティング。アーモンドの旨味がしっかりと生きています

  • sub-photo

    江口シェフの代表作『OTHELLO』ほか、チョコレートを使ったプティガトーは常時約12種類を用意

  • sub-photo

    ウイスキーのほかワインも用意するアルコール類は相性ばっちりのスイーツのセットを店側で提案してくれます

shop-photo パティスリー&カフェ デリーモ

☎お問い合わせ専用番号:050-5263-1142

住所:東京都港区赤坂3-19-9
営業:【火〜日・祝・祝前】11:00〜21:00(L.O.20:00)
休日:月曜日
お店の詳細情報を見る

あんこ×日本酒

「あんこ」×「日本酒」のキーワードは“一体感”
“禁断”を共有し、友人との親密度をさらに深める
日本酒好きの和菓子プランナーによる
唯一無二の“甘味処”【和菓子薫風】

 最近、女性達から注目を集めているのが「和菓子」と「日本酒」だそう。前者は控えめな甘さがウケたのか、後者については町の酒場に一人日本酒を煽る姿も増えているとか、いずれもそれが真意かは確かではありませんが、この2つが女性から熱視線を送られているのは事実。それならば一度に両方味わえる店はないのか。
 週末、男性の目を気にせず気の置けない友人とともに、「和菓子」と「日本酒」という禁断の組み合わせに溺れてみたい、そんな欲求にかられる女性の皆さまにオススメなのが千駄木にある【和菓子薫風】です。
 路地裏に5坪ほどの小じんまりとした店内で出迎えてくれるのは和菓子プランナーでもあるつくださちこ氏。そもそもご本人が「居酒屋でもオープンしようと考えていた」と笑う大の日本酒党。それでは店主のつくださちこ氏が考えるマリアージュとは。
 「一つは5味を補う合わせ方。もう一つが香りや酸味などに寄り添わせる合わせ方です。和菓子と日本酒の酸味や甘み、香りなど同じ要素同士を組み合わせ、相乗効果を生みたい」と、相殺ではなく掛け合わせ、味の一体感を掲げます。その言葉通り、今回ご紹介いただいた『レモンどら焼き』と「たかちよ」の組み合わせは、控えめなあんこの甘みやレモンの酸味と、旨味やキレの良さが特徴の「たかちよ」が口のなかで一体となり旨味を生んでいます。
 後味の良いこの組み合わせ、強いて欠点を挙げるならば、和菓子をもう一口、酒をもう一杯と往生際を悪くさせる点。到底、男性にはお見せできない欲求丸出しの“秘密”を共有し合うことで、友人との仲をより親密にしてみるのも悪くないかもしれません。

chef-photo

つくだ さちこ 氏
マリアージュにもいろんな考え方がありますが、私が大切にするのは一体感。甘みや香りなど同じ要素を組み合わせ相乗効果を生みだせればと思っています。

つくだ さちこ 氏の情報を見る
撮影/粕谷麻衣子
文/ヒトサラ編集部
  • main-photo

    北海道産大納言のあんこと瀬戸内のレモンを、香ばしく焼き上げた皮で挟む『レモンどら焼き』。仄かな苦味を生かすため、レモンはあんこに混ぜ込まないのが【薫風】流

  • sub-photo

    冬は小豆、春はヨモギといった形で季節に応じた食材を使用。和菓子に四季の移ろいを表現しています

  • sub-photo

    自ら蔵元に赴くつくだ氏。希少銘柄を含め、店には常温で寝かせて育てているモノも含め常時30〜40種が並びます

shop-photo 和菓子薫風

☎お問い合わせ専用番号:03-3824-3131

住所:東京都文京区千駄木2-24-5 1F
営業:水〜金 13:30〜20:00
   土日 13:30〜19:00
休日:月・火曜日

※土日はイベントにより不定休の場合あり
※営業時間は季節で変わります

お店の詳細情報を見る

アイス×シャンパン

美味しい“瞬間”を追い求めて辿り着いた
ゲストの目の前で調理するカウンターデセール
神楽坂のデザート専門パティスリー
【ATELIER KOHTA】

 本気なのか分からないけれど気になる相手と食事を重ねるも、その距離間を計り損ねている。そんな2人が今以上に関係値を深めるのに時に効果を発揮するのが“サプライズ”と“高揚感”。この要件を満たす店が神楽坂にあります。
 神楽坂の路地裏にある【ATELIER KOHTA】。文字通りに路地裏の住宅街に佇み「まさか、こんな場所に」というサプライズも一興。しかし、もちろんこの店の特長は立地だけにあらず。特筆すべきはそのユニークな店のスタイルにあります。
 テイクアウトもできますが、店の真骨頂はイートイン用の9席のカウンター。オーナーパティシエの吉岡浩太氏がスイーツを目の前でつくり上げるという前衛的な手法は、女心に火をともしてくれるのに十分な演出です。
 一方でカウンター越しの調理には舞台演出以上にパティシエ吉岡氏の料理に対する真摯な想いが根底にあります。「良いスイーツを考えた時、出来立てが一番。そこから自然と今のスタイルに辿り着きました」(吉岡氏)。美味しい瞬間を追い求めた先にあったのがカウンターパティスリーだったというわけです。
 その発言の通り、タルトレットに焦がしエシレバターのアイスクリーム、焦がしホワイトチョコクリーム、さらに旬というやはり“今だけ”の果物のソースを添えた『ノアゼットフレーズ』は、テイクアウトでは味わえない、美味しい瞬間が凝縮されたこの場限りの逸品といえるでしょう。
 ここは華やかにシャンパンをあわせて高揚感に浸るとともに、「貴方と“今”という瞬間を大切にしたい」という想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

chef-photo

吉岡 浩太 氏
当店ではワインのほかコーヒーや紅茶を提供していますが、基本的に組み合わせは自由。決まったルールはないのでお好きなマリアージュをお楽しみください。

吉岡 浩太 氏の情報を見る
撮影/Matto Manmoto
文/ヒトサラ編集部
  • main-photo

    吉岡氏の渡英時代のスペシャリテでもある『ノアゼットフレーズ』。焦がしエシレバターのアイスクリーム、焦がしホワイトチョコクリームの濃厚な味に、苺の赤ワインソテーのさっぱりとした酸味を効かせ、飽きのこない仕上がりに

  • sub-photo

    10種前後のグランドメニューは、全体で濃厚なもの、さっぱりしたものをバランスよく揃えています

  • sub-photo

    ワインはシャンパンのほか、赤、白ワインを用意。いずれも料理の味を際立たせるもののみ厳選

shop-photo ATELIER KOHTA

☎お問い合わせ専用番号:03-5227-4037

住所:東京都新宿区神楽坂6-25
営業:【テイクアウト】10:00〜20:00
【カウンターデザート】14:00〜18:00L.O(平日)/11:00〜18:00L.O(土日祝)
休日:月曜日 ※テイクアウトは無休/カウンターデザートは月曜、不定休
お店の詳細情報を見る

旬カレンダー

Back to Top