1. ヒトサラトップ >
  2. 旬味への誘い >
  3. 深蒸し茶と胡麻だれの、香ばしき風味「鯛茶漬け」〜銀座 あさみ〜
至福の逸品〜dish stories〜 vol.17

深蒸し茶と胡麻だれの、香ばしき風味「鯛茶漬け」〜銀座 あさみ〜

「夏も近づく八十八夜」。柔らかな新芽でつくる「一番茶」の茶摘み唄が、初夏の訪れを感じさせる5 月。今回は硬くて渋味がより強く感じられる夏秋の茶葉とは異なり、爽やかな香りと甘み・旨みが特徴の一番茶(新茶)を「食」という観点で贅沢に味わう、料亭の「茶漬け」について紹介しよう。

銀座 あさみ の店舗情報を見る

撮影/中筋 智子

夏の訪れを告げる八十八夜の「一番茶」

茶の収穫時期は春から秋にかけての4回行われる。なかでも、柔らかな新芽でつくられる新茶は「一番茶」と呼ばれ、高級とされている。茶摘み歌として有名な「夏も近づく八十八夜」に出てくる「八十八」とは、立春を起算日として88日め(立春の翌日から87日後)のことをさしているのである。 この時期は、季節の移り変わりを示すために設けられた「雑節」の頃とも言われており、ちょうどその頃に茶摘みが行われるため、「八十八夜」で初夏を表しているとされているのだ。

そんな時期に摘まれる新茶は、やさしい緑色。甘みや旨みも多く含まれ、香りも高いなど、まさに一番茶と呼ぶにふさわしい。一番茶は主に「煎茶」に使われることが多く、入れる温度も80〜90度と決められている。ほかにも摘む茶葉の時期や手の入れ方によって、煎茶と番茶を炒ってつくる香ばしいほうじ茶や、番茶など、さまざまな種類の日本茶がある。

 日本茶は日本人の愛飲料であるほか、最近では菓子などにも使われるようになったが、それ以上になじみ深いのは「茶漬け」。日本庶民の食文化に欠かせない伝統的な食べ物だが、合わせる茶にはいろいろな種類の茶葉が使われている。たとえば鰻茶漬けには香ばしく味の濃い番茶、漬物や佃煮などを添えてサラサラと食べるときには煎茶や荒茶、玄米茶など。

割烹や料亭などでは本来の「茶」を使用したものではなく、出汁をかけて味わう贅沢な茶漬けが増えた。そうしたなかでも、敢えて茶を使用している、こだわりの鯛茶漬けが味わえる料亭がある。それが銀座で12年、昼は予約で埋まってしまうという【銀座 あさみ】だ。

夏の訪れを告げる八十八夜の「一番茶」

初夏を感じる「鰹のたたき 初夏の彩り」

ここの名物は料亭茶漬けの代表格ともいえる『鯛茶漬け』。一般的には、まず刺身で味わい、次に「茶漬け」として楽しむ。鯛は淡泊な味であることから、胡麻だれにしてあることが多い。【銀座 あさみ】で味わう鯛茶漬けも胡麻ダレだが、一般的なそれとは異なり、胡麻だれにくるみとカシューナッツを加えて香ばしさや風味がより際立つよう工夫してある。

茶には160余年の歴史を持つ老舗【築地丸山 寿月堂】で専用にブレンドした深蒸し茶を使用。深蒸し茶は熱湯でもお茶が良く出ること、またより香りが際立つため、茶漬けには最適なのだそうだ。

まずは鯛をたっぷりの胡麻だれとともに刺身でいただく。香ばしいゴマとナッツの風味が食をそそり、これだけでもご飯が進む逸品。半分ほどいただいたところで、今度は鯛を、胡麻だれごと豪快にご飯のうえにのせ、深蒸し茶をまわしかけていただく。

茶葉の香りとゴマの風味、ナッツのコクと香ばしさが三位一体となり、口のなかで一気にほどけて広がる至福のひととき。ほかにはない、独自の鯛茶漬けをつくろうと思いたち、試行錯誤を続けたという胡麻だれは、おでんの汁やそばのかえしのように、注ぎ足して使うため、旨み成分がタレにしっかりと染み込んでおり、味に一層の奥深さを加えている。

新橋・銀座の料亭界隈で激戦とうたわれる鯛茶漬け。気をてらわず、しかし変化のある味を追求していくご主人、浅見さんの顕著な姿勢が、シンプルな料理から伝わってくる味わいだ。

クルミとカシューナッツで香ばしさを加えた胡麻ダレに鯛を絡め、ご飯の上にのせた鯛茶漬け。半分はそのまま、残りの半分は深蒸しの緑茶とともにいただく

常連客が勧める逸品 〜鯛の白子の塩焼き〜

常連客が勧める逸品 〜鯛の白子の塩焼き〜

『鯛の白子の塩焼き』(コースのなかの一品)
食通の常連が好んで注文する、人気の一品。鯛の白子を串にさし、シンプルに焼きあげ、すだちをかけていただく。滑らかで濃厚な味わいは、日本酒にもよく合う。

[銀座 あさみ]の料理メニューを見る

鯛茶漬けに合うツウ好みの一品 〜蒸しアワビ〜

鯛茶漬けに合うツウ好みの一品 〜蒸しアワビ〜

『蒸しアワビ』 (コースのなかの一品)
アワビの身を殻ごと蒸した素朴ながら贅沢な一品。本来の塩気を生かすため、調味料は一切不使用。磯の香りと自然の滋味を存分に味わえるツウ好みの料理だ。

[銀座 あさみ]のドリンクメニューを見る

このページで紹介したお店

銀座 あさみ

銀座 あさみ 【東京・銀座】

【営業時間】
月曜〜金曜 11:30〜15:00(L.O 14:00)
 
        17:00〜23:00(L.O 21:30)
【定休日】
日・祝祭日
【TEL】
03-5565-1606

詳しく見る

編集後記

銀座の裏通りで12年の間、暖簾を守りつづけてきた【銀座 あさみ】。隠れ家的な場所にひっそりたたずむお店ながら、新鮮な旬の素材を仕入れることに、かなりのこだわりを持つ店主の浅見さん。彼のつくったこだわりの『鯛茶漬け』をめざし、ランチタイムから、予約客であふれる店には、連日多くのお客様が訪れる。毎日築地で買い付けたり、産直で仕入れた厳選食材をつかって黙々と仕事をこなし、「不言実行」を唱える浅見さんの姿勢が、店づくりや料理に反映されているように感じた。

銀座 あさみ

▲深蒸し茶と胡麻だれの、香ばしき風味「鯛茶漬け」〜銀座 あさみ〜 ページトップへ

記事一覧

Vol.32
江戸の庶民に愛された夏の活力源『どじょう』 〜どぜう飯田屋〜
Vol.31
春の風物詩、光輝く白魚『しらす』 〜ピッコロ ヴァーゾ〜
Vol.30
春先に旬の頂を迎え、滋味に富んだ『蛤(はまぐり)』 〜貝料理はまぐり〜
Vol.29
ダイナミックな冬の美味を新鮮な刺身で堪能『タラバガニ』〜赤坂きた福〜
Vol.28
新年の幕開けにふさわしい、ごちそう料理「すき焼き」 〜江知勝〜
Vol.27
冬本番。甘さと濃厚な旨みを味わう「牡蠣」 〜ペスカデリア銀座店〜
Vol.26
江戸の秋を告げる、日本の伝統食「蕎麦」 〜神田まつや〜
Vol.25
秋鮭の旨みを存分に堪能「はらこ飯」 〜つみき 神楽坂〜
Vol.24
風味で味わう秋の味覚「鱧と松茸の小鍋仕立て」〜銀座 和久多〜
Vol.23
元気に夏を乗り切るための「フィッシュカレー」 〜bills 七里ヶ浜店〜
Vol.22
夏バテを防ぐ、琉球に伝わる伝統料理「ゴーヤチャンプル」〜琉球料理 みやらび〜
Vol.21
希少な極上ラムを豪快に味わう夏「彩り野菜のジンギスカン」〜えびすジンギスカン 海月〜
Vol.20
活穴子を小粋に味わう 江戸の夏「穴子の小鍋」〜穴子料理 ます味〜
Vol.19
マンゴーでトロピカル気分を堪能「南国フルーツのタルト」〜キル フェ ボン グランメゾン銀座〜
Vol.18
自然の甘さと深い味わいに感動「フルーツトマトの冷製カッペリーニ」〜リストランテ ホンダ〜
Vol.17
深蒸し茶と胡麻だれの、香ばしき風味「鯛茶漬け」〜銀座 あさみ〜
Vol.16
山海の美味 華やかなる饗宴「鰹のたたき 初夏の彩り」〜かさね〜
Vol.15
鮮やかなる薬膳中華「たけのこと彩り野菜の炒め」〜銀座小はれ日より〜
Vol.14
春だけのおいしさ「ホワイトアスパラガスのクリーム和え」〜ツム・アインホルン〜
Vol.13
由比の春風を感じる「桜えびのかき揚げ天ぷらそば」〜そばと小皿料理 若松〜
Vol.12
春を味わい尽くす「鰆のポワレ ふきのとうのソース」〜フレンチレストラン ル ピラート〜
Vol.11
本場どぶ汁仕立ての濃厚「あんこう鍋」〜神田あじぐらなまこ屋〜
Vol.10
旨味たっぷり、美容鍋「タッカンマリ」〜韓国家庭料理 仁寺洞〜
Vol.09
出汁香る、極上卵の親子丼〜赤坂 ざんまい〜
Vol.08
冬のごちそうジビエ「鹿肉のロースト」〜Bistro×Ristorante A-cube〜
Vol.06
冬に美味しい煮込みハンバーグ〜洋食 プクプク亭〜
Vol.05
冬の新定番・薬膳火鍋〜老麻火鍋房 渋谷 円山町店〜
Vol.04
紅葉鯛の土鍋ご飯〜旬菜おぐら家〜
Vol.03
パンがくれる、とっておきの幸福感〜カフェボスケ〜
Vol.02
カラダにおいしいハーブティー〜“自分に効く”ハーブティーの選び方〜
Vol.01
心を満たす、焼肉 「焼肉もとやま」