1. ヒトサラトップ  > 
  2. ヒトサラまとめ  > 
  3. 有名店のシェフが愛する野菜農園

味の違いはここにあった!
有名店のシェフが愛する
野菜農園

hitosara
まとめた人

健康が気になる
外食好き30代男性

今や東京にいながら全国から食材を仕入れられるようになり、メニューに「○○県産」など産地をうたう飲食店が増えてきました。そういった傾向のなかで、一歩先行く飲食店はさらに踏み込み、仕入れ先の農園までも指定しているようです。都内で好評を博す名店を中心に、実力派シェフを魅了する農園とそこで獲れた食材を使った滋味溢れる逸品をご紹介します。

北イタリア郷土料理を再構築した“四季”が滲む一皿を楽しめる店

photo

BIODINAMICO

渋谷駅

photo

白を基調として、空間のあちこちに緑が飾られる店内

photo

イタリアの自然派ワインを、料理に合わせてそろえています

宮益坂にあるエミリア・ロマーニャの郷土料理の名店【BIODINAMICO】が仕入れるのは「エコファームあさの」の有機野菜。加えて肉は北海道の「しずお牧場」から産地直送するなど食材の質に徹底的にこだわっています。

予約殺到。「伝統と革新の融合」をテーマにした青山のフレンチ

photo

ソムリエでもあるシェフがセレクトしたワインストックは約700本

photo

大理石や御影石に囲まれるシックで重厚な空間

全国のフレンチファンを魅了して止まない【フロリレージュ(Florilege)】は、完全無農薬・有機栽培に取り組む長野県「藤井農園」の野菜を使用。素材重視の味付け、見事な盛り付けの一皿に、生産者への敬意が感じ取れます。

オーガニック食材にこだわる気鋭のシェフによる革新的フレンチ

photo

ラ クープ ドール

白金高輪駅

photo

自慢の野菜を使ったフレンチの味の輪郭を際立たせる自然派ワイン

photo

清々しさと温かみが両立したオシャレな空間も好評

「オーガニック食材や自然派ワインを楽しむナチュラル・フレンチ」を謳う【ラ クープ ドール】の気鋭のシェフ坪香さんが選んだのは埼玉県の「榎本農園」の無農薬野菜。野菜の滋味溢れる力強い味わいが堪能できる一品をご堪能あれ。

ジャンルの制限なし。食材前面押しの創作料理が楽しめる店

photo

今井利満氏の壁画が印象的な店内。コンセプトは大人がカジュアルに使える店

photo

仏・伊のワインのほかに、『甲州』などの日本産ワインを置いています

野菜が美味しいと好評【Ricos KITCHEN(リコス・キッチン)】。食材に並ならぬこだわりを持つ夏目シェフを納得させたのが、千葉県の「柴海農園」の有機野菜。その味の良さには夏目シェフも絶対の信頼を置いているのだとか。

ミシュラン3つ星を獲得したミラノのリストランテ唯一の海外支店

photo

丸ビル最上階の36階から一望できる東京の夜景も店のウリ

photo

ワインは独自ルートで直輸入。バローロの1960年代のビンテージなどもアリ

イタリアで2番目にミシュラン3つ星を獲ったミラノの最上級リストランテの海外支店が認めたのが「小坂農園」の有機栽培の「チーマ・ディ・ラーパ」。菜花に似てかすかな辛みや苦みがあるこの食材を使ったパスタは絶品。

代官山のイタリアン好きを唸らせる “2014年ビブグルマン”掲載店

photo

木目を基調にし、遊び心あふれるインテリアも配置した店内

photo

オーナーソムリエの三浦幸一氏が厳選したイタリアン産ワイン100種以上を用意

“ビブグルマン”に掲載された代官山の【イル チルコロ】は、メニュー名に産地に加え、生産者まで明記。『静岡県産 長谷川さんの大きなブラウンマッシュルームのフリット』でマッシュルームの味を再評価してみてください。

地元・立川の契約農家が育てた野菜を使う見目麗しきイタリアン

photo

Tre Monte

立川駅

photo

シャンデリアの完全個室ほかゴージャスな雰囲気の店内

photo

ワインは150種類の銘柄を用意。ソムリエも常駐

六倉シェフのモットーは「地場の素材を使いつつも、食材の組み合わせや調理法は本場イタリアの伝統をくずさないこと」。提携するのは「清水農園」など。こちらで仕入れる野菜を使った『季節野菜のバーニャカウダ』が好評。

絶品イタリアンの味の根幹を支える滋味深き「川田農園」の野菜

photo

エノテカ エクウス

赤土小学校前駅

photo

こちらは「川田農園」の野菜をよりシンプルに味わえる『バーニャカウダ』

photo

アイボリーと木目を生かし、ダウンライトが効いた大人の空間

食材のクオリティを保つため、新規契約は受け付けていないという「川田農園」の野菜を使用しているのが【エノテカ エクウス】。一週間塩漬けにした豚ばら肉の旨味が野菜全体に染み渡った『蒸し煮』は絶品のひと言。

庶民の味からリストランテの一皿まで楽しめる旬食材を使った下町のイタリアン

photo

【ルナ ノッテ】の代名詞がパスタ類。こちらは『スパゲッティ―勝どきAAO』

photo

窓が広く開放的な雰囲気の店内には、老若男女、地元のイタリアン好きが集まります

六本木【ラ・ゴーラ】出身の日本イタリアンの名手・小林真シェフ。届いた食材からその日のメニューを考案するという小林シェフが国内を見渡し、その味に納得したのが鳥取・大山の麓にある「深田農園」の旬の野菜です。

自然派野菜とビオワインで“健康イタリアン”を謳う銀座の人気店

photo

ニューワールドも含め、約150種の自然派ワインを用意

photo

店内にはラグジュアリーな個室も完備

自然派野菜とビオワインが堪能できる健康イタリアンがモットーの【LaSana】。この店が選択したのが神奈川県三浦市にある「青木農園」の野菜。味が濃厚なため、生でも良し、加熱しても良しの使い勝手の良さがお気に入りの理由なのだとか。

人気まとめ