シェフがオススメするお店 特別企画vol.5

【リ・カーリカ】堤 亮輔シェフも通う、自然体で寛げる料理とワイン毎日でも通えるワインバー3店 坂井宏行 氏の料理人情報を見る

カウンタースタイル、自然派ワイン、そして臨場感あふれる料理にこだわり、
止まり木として、多くの人の愛される学芸大学の【オステリアバル リ・カーリカ】。
こちらでオーナーを務める堤亮輔シェフ自身もまた、
彼と思いを同じくする、カウンタースタイルのお店に惹かれるといいます。
今回は、堤シェフがおすすめする、毎日でも通いたくなるワインバーをご紹介します。

「料理人は、お客様を楽しませるパフォーマーでもある」

「【リ・カーリカ】は対面で料理をつくるカウンター主体の店なのですが、そういう店をやりたいと思っていたとき、『対面キッチンのイタリアンがあるよ』と知人に教えてもらったのが、下北沢の【クオーレ・フォルテ】と、その地階にある【フェーガト・フォルテ】でした。訪れたら、快く迎えてくれ、気持ちいい接客をしてもらった。そこから始まり、今も共感し、刺激を受ける要素が多いお店です」と、堤シェフ。
1階と地階で店名は別にしつつも、同じ料理がいただける【クオーレ・フォルテ】と【フェーガト・フォルテ】。いずれの店も、印象的な長い一枚板のカウンターを配し、完全なオープンキッチンのスタイル。しかも、すべての調理設備をカウンター側に配しているので、料理人は常にお客様のほうを向き、調理をしながら接客もするという趣向。2店のオーナーである羽賀大輔さんが最初に店を開くときには、まだこのようなスタイルのイタリア料理店は少なく、「そこを一新したくて、また、対面で接客したくて」新しい店舗づくりに踏み出したと言います。
 その考えは、堤シェフが同じ時期に抱いていた思いと重なります。「料理人は、食材やワインとお客様をつなぐコーディネーターであり、料理やワインの背景や実像を語るパフォーマーでもあると思うんです。僕の店も、羽賀さんの店も、料理人がお客様のほうを向いて料理をし、ワインを提供するつくりになっています。なぜそうしているかと言うと、お客様を楽しませたいから。食材やワインについて語り、調理の臨場感を目の前で伝え、仕上げて提供するという流れから、料理のストーリーが見えてきます。そういうストーリーを表現するのが料理人であり、それが実現できるのが対面スタイルだと思うのです」

photo

キッチンをフルオープンとし、料理人が料理やワインについて語り伝えながら、もてなすスタイル

photo

イタリアの郷土料理を羽賀シェフ独自の一皿に仕上げた『豚バラ肉のポルケッタ』

ワインを語り、饗し、料理と合わせる

 堤シェフと羽賀シェフのもう一つの共通点は、ワインへのこだわり。ブドウ栽培と醸造において、できるだけ自然な状態でつくられた良質でおいしいイタリアワインを探し、提供しています。
「羽賀さんは、ワインの趣向を伝えるトークも上手。『このワインの生産者は笑顔がすごくキュートなんですよ』なんて言いながら、グラスを出してくれます。イタリアに足を運んで、実際に生産者に会って、その風土を自分の目で見ているから、そういうことができる。それで最初に惹きつけて、その後に品種などの話をするので、いっそうおいしく味わえます。また、ワインに合わせる料理も絶妙です」。
 この日、堤シェフが賞味したのは、『豚バラ肉のポルケッタ』。ハーブで味付けした豚肉をローストするイタリアの郷土料理の一つですが、こちらで供されるポルケッタは、肉の厚みも焼き方も、本家イタリアを凌駕するほどの豪快さです。
「時間をかけて塊の肉で仕込んでおいて、それを目の前で一人分切って、サッと焼いて出してくれる。おいしさはもちろん、対面キッチンでの調理の見せ方も考え込まれている料理だと思います」と語る堤シェフに、この日、羽賀さんがペアリングしたワインは、イタリア北部ピエモンテ州でつくられたもの。醸造家のストーリーから始まり、カウンターをはさんで、ワインと料理についての話がなごやかに続きます。
 人をもてなす基本の一つは、自分を正直に表現するということ。二人はその思いを共有し、東京のグルメシーンに新たな魅力を紡いでいます。堤シェフが注目するという、もう2つの店も、芳賀さんや堤シェフの店と同じく山手線の外側にあり、カウンター席が中心。商圏と住宅街の境に存在し、暮らしの中に取り入れやすい寛ぎの場という身近さも、大きな魅力でしょう。

堤シェフがオススメする、毎日でも通えるワインバー3店

chef photo
photo

東京・下北沢
クオーレ・フォルテ
(B1はフェーガト・フォルテ)

対面スタイルでの料理の提供、自然派ワインへの思いの深さ、料理やワインを語るトークの上手さなど、堤シェフが「すごく刺激を受ける店」です。羽賀シェフが饗した『豚バラ肉のポルケッタ』を味わい、「おいしい」と深く一言。
お店の情報を見る
photo

東京・学芸大学
ワイン食堂 レインカラー

ソムリエ、バリスタでもある手島義朋氏がオーナーシェフを務めるイタリアン。「手島シェフは、イタリアンやフレンチのいろいろな料理をベースに、独自のおしゃれな皿をつくるのが得意。いい意味でやきもちをやく店」と言います。
お店の情報を見る
photo

東京・三軒茶屋
ブリッカ

表参道のリストランテ【フェリチタ】で研鑽を積んだ、金田真芳シェフが営むイタリアン&ワインバー。「郷土料理を重んじながら、自分の理念のある料理をつくり、火入れなどに考慮を重ねてやっている努力家」と堤シェフは絶賛します。
お店の情報を見る
堤シェフがオススメのお店をもっと見る

シェフがオススメするお店を探す

エリア

シェフのオススメまとめ

お店をオススメしている名シェフ

料理人の方々によってオススメされているお店は、ヒトサラの加盟店に限りません。
シェフたちが実際に訪れたオススメのお店を掲載しています。
最新の情報とは異なる可能性がありますので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。

名シェフの紹介

猪又 哲也

おのころ五合(おのころはんじょう)

知念 司

美食房 夕月 那覇店

松田 和憲

寿し 祇園 松田屋

望月 英雄

日本料理 太月

近藤 文夫

てんぷら 近藤

名シェフ一覧

シェフのオススメまとめ

多くのシェフから支持されたお店 20選

大人のデートに。凄腕シェフも虜になるスイーツ自慢の名店:東京

手土産にもぴったり。シェフがおすすめする洋菓子のお店

プロの料理人たちが勧める、本当に美味しい焼鳥店:東京編

プロが通う、自然派ワインの名店:東京編

特別な日が最高になる、シェフが選ぶ記念日レストラン:東京

トップシェフも実力を認める、普段使いできるビストロ:東京編

名シェフたちが信頼を置く、天ぷらの名店:東京編

実力派シェフも足繁く通う、パスタの美味しいイタリアン:東京編

名人達が仕事帰りにホッと一息つくリーズナブルな和食店:東京編

まとめをすべて見る

多くのシェフがオススメするお店

フロリレージュ(Florilege)

青山/信濃町 / フレンチ

15 人のシェフがオススメしています

ラ・ブランシュ

表参道/原宿 / フレンチ

12 人のシェフがオススメしています

HOMMAGE

浅草 / フレンチ

11 人のシェフがオススメしています

北島亭

四谷 / フレンチ

11 人のシェフがオススメしています

Restaurant La cime

本町/淀屋橋 / 洋食全般

10 人のシェフがオススメしています

Quintessence

大崎/五反田 / フレンチ

10 人のシェフがオススメしています

L’esprit MITANI a GUETHARY

四谷 / フレンチ

9 人のシェフがオススメしています

ル・マンジュ・トゥー

飯田橋/神楽坂 / フレンチ

9 人のシェフがオススメしています

龍吟

六本木 / 日本料理・懐石

9 人のシェフがオススメしています

HAJIME

土佐堀/江戸堀周辺 / 創作料理全般

8 人のシェフがオススメしています