1. ヒトサラトップ >
  2. エリアグルメガイド >
  3. 本島中部に来たら、まずはおさえておきたい厳選5店 | 本島中部

本島中部に来たら
まずはおさえておきたい
厳選5店

工芸に音楽、アメリカンカルチャーなど、多彩な文化が共存する本島中部。
那覇からのアクセスも便利なため、沖縄のトレンドを牽引する
オシャレで個性的なお店が続々と増えています。

浦添

[oHacorté] 港川本店

沖縄や全国の旬のフルーツを贅沢に使うタルトが人気のカフェ
  • 手前から時計回りに、『季節のいろいろフルーツのタルト』『パッションフルーツのタルト』『オハコルテのシュークリーム』。自慢のタルトは、沖縄県産や全国のフルーツを中心に旬のものを厳選して使用
  • お土産としても人気の高い焼き菓子『とりサブレ』。プレーン、メープル、ショコラの3種の味が楽しめる
  • 外国人住宅を改装。フレンチシックな雰囲気にまとめられた空間も人気の理由

沖縄県産の上質な旬のフルーツを贅沢に使ったスイーツが自慢の【[oHacorté] 港川本店】。クリームも生地も丁寧に仕上げられているタルトには、旬のフルーツがふんだんに使われており季節ならではの味わいが楽しめると評判。タルトの他に焼き菓子なども販売されていて、お土産としても人気が高い。

[oHacorté] 港川本店

お店情報を見る
電話番号:098-875-2129
住所:沖縄県浦添市港川2-17-1#18

五感で感じる沖縄の味

外国人住宅の店舗が集まる港川カフェストリート

沖縄では、庭がある一戸建ての外国人住宅を改装して店舗にするのがトレンド。特に個性豊かなお店が建ち並ぶ【[oHacorté] 港川本店】のある一帯は、今、沖縄で一番注目されているオシャレなカフェストリートになっている。

車 10分

宜野湾トロピカルビーチ

ぎのわん海浜公園内にあり、那覇空港からも車で20分ほどとアクセスも良好。地元ではバーベキューを楽しめるビーチとしても人気が高い(要予約・有料)。シャワーやロッカー売店などが設けられていて、マリンアクティビティも楽しめる(要予約・有料)。

電話番号:098-890-0881
住所:沖縄県宜野湾市真志喜4-2-1
読谷村

アジアン食堂シロクマ

料理も店舗も本場のタイさながらの屋台料理店
  • おすすめは、ココナッツミルクたっぷりのグリーンカレーをベースにしたスープに米麺がマッチしたオリジナルメニューの『カレーフォー』
  • ミルクを隠し味にした、まろやな『シロクマ特製トムヤムクン』も人気
  • 店内を風が通り抜けるつくりになっているため、屋内でも屋台の雰囲気が味わえる

【アジアン食堂シロクマ】名物の『カレーフォー』は、米麺とグリーンカレーを使用。本場・タイの調味料を加えた辛味のある特製スープと、吟味を重ねた米麺でいただく『カレーフォー』は、コクと深みのある味わい。素材の旨みが引き立つ料理に仕上げるため、素材本来の質に徹底的にこだわっているお店。

アジアン食堂シロクマ

お店情報を見る
電話番号:098-923-1980
住所:沖縄県中頭郡読谷村都屋304

五感で感じる沖縄の味

地元読谷の特産品、紅芋のスイーツも大人気

花井シェフの義父が紅芋の畑を営んでいることから、読谷の特産品でもある紅イモを使ったスイーツを考案。まったりした上質な紅芋の味わいは、辛いタイ料理を食べた後の口直しにも最適。スイーツの他に、紅イモを使ったオリジナルスナックも販売。

車 10分

読谷やちむんの里

読谷村の自然溢れる場所で、4人の陶工により開かれたやちむん(沖縄の言葉で焼き物)の里。大きな登り窯があり、ここで焼かれるやちむんは「読谷山焼」と呼ばれ、その力強い風貌や色使いで人気を博しており、商品は共同売店などで購入することができる。

住所:沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653
北谷町

アールカフェ

開放的なシーサイドで味わう絶品カフェメニュー
  • パン職人がひとつひとつ丁寧に焼き上げた厚切りバケットを使った、ボリューム満点の『R cafe オリジナルフレンチトースト』
  • タコライスなどに使う沖縄ならではのタコミートをエッグベネディクトにトッピングした『タコべネ』
  • サンセットビーチが近くにあり、店内やテラスから水平線を眺められる。夕景も美しい

サンセットビーチの近くにある【アールカフェ】。豆乳ベースのアパレイユを染み込ませてつくる『R cafe オリジナルフレンチトースト』は、フライパンではなくオーブンで焼き上げているため、外側はカリッと、中はフワフワの食感で絶品。これを目当てに遠方からも訪れるお客さんも数多くいるそう。

アールカフェ

電話番号:098-936-2600
住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜9-39
オークファッションビル1F

五感で感じる沖縄の味

豚肉の旨みが詰め込まれた伝統料理「スーチカー」

「スーチカ―」とは豚の三枚肉の塩漬けのことで、沖縄の伝統料理のひとつ。豚肉のうま味が引き出されるスーチカ―を一度炙ってさらにおいしさを閉じ込めたという【アールカフェ】の『厚切りスーチカ―サンド』は、伝統の味とシェフのアイデアが融合した注目メニュー。

車 15分

残波岬

東シナ海に突き出した岬で、約30mもの高さの自然のままの断崖が約2kmも続く景勝地。晴れた日には慶良間諸島まで見渡せるダイナミックな海の景色も堪能でき、灯台周辺には遊歩道が設けられている。沖縄本島内では、夕日の絶景ポイントとしても知られている。

電話番号:098-958-6494(読谷村観光協会)
住所:沖縄県中頭郡読谷村字宇座
北中城村

グランブルー

絶景を堪能しながら沖縄素材をアレンジしたイタリアンを
  • 本場イタリア産の小麦を使った、モチモチの生地が自慢のピッツア。一枚一枚丁寧に窯で焼きあげているため、味わい深く、耳までおいしいと評判
  • 中部エリアの街並みと海が見渡せるテラス席での食事も気持ちがいい。外国人住宅を改装した店内もおしゃれ
  • 外国人住宅だった建物を改装した店内は、窓が大きくとられ開放感あふれている

目の前に青い海と空が広がる、ロケーションが魅力的なイタリア料理店。本場ナポリの味にこだわったピッツァは、イタリア産小麦粉を現地から取り寄せて使用。薪窯で一枚一枚焼きあげているため、生地の食感はモチモチして味わい深い逸品に仕上がっている。また、沖縄で獲れるワタリガニを贅沢に使った『ワタリガニのトマトクリームソース』も人気。

グランブルー

電話番号:098-935-5910
住所:沖縄県中頭郡北中城村仲順522

五感で感じる沖縄の味

外国人住宅を利用した新店が続々と増えている注目エリア

グランブルーのある北中城村はもともとアメリカ軍人の住居用に建てられた外国人住宅が多いことでも知られる場所。外国人住宅を個性的に改装したおしゃれなカフェやレストランがここ数年で増えていて、地元では今最も注目を集めているエリアです。

車 15分

勝連城跡

15世紀に海外貿易によって繁栄をもたらし、琉球国王に最後まで抵抗した有力按司(あじ)、阿麻和利(あまわり)の居城跡。現在は美しい曲線を描く城壁が残っていて、頂上までのぼると美しい太平洋の絶景を見渡せる。2000年に世界文化遺産に登録された。

電話番号:098-978-7373
住所:沖縄県うるま市勝連南南風原3908
北中城村

バリテラス

バリ島の高級ラウンジを思わせるラグジュアリーな空間
  • 厳選した野菜に、こだわりのバジルソースを使った『野菜のグリエ・グリーンソース』。シェフ渾身のフレンチイタリアンに合うドリンクも多数揃う
  • シェフこだわりの料理が色々味わえる『前菜プレート』。肉・魚・野菜を使った7種のメニューは彩りも華やか
  • バリをイメージしたという店内には、ゆったりとくつろげるソファが並ぶ

バリの高級ラウンジを彷彿とさせる店内で、フレンチ&イタリアン料理を堪能できる【バリテラス】。人気の『野菜のグリエ・グリーンソース』は野菜の食感とバジルの香りがたまらない逸品で、その日その時のこだわりの食材を味わうことができる。カクテルの種類も豊富で、食事をさらに楽しく深みのあるものにしてくれる。

バリテラス

お店情報を見る
電話番号:098-943-5588
住所:沖縄県浦添市仲間1-24-26

五感で感じる沖縄の味

浦添の風景がパノラマのように一望できる2席限定の特等席

本格的なフレンチイタリアンに加えて、大きな窓一面に広がる浦添市街の景色を大パノラマで堪能できる【バリテラス】。四季の移ろいだけでなく、景色を望む時間帯によって、異なる景色を楽しむことができる。

車 15分

美浜アメリカンビレッジ

広大な敷地内にホテルや商業施設、レストラン、シネマコンプレックス、ライブハウス、ビーチなどを有する人気スポットで、地元の若者のデートスポットとしても人気が高い。アメリカ西海岸をイメージした造りとなっている。近隣に在住している外国人の姿も多い。

住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜