ウオサブロウ

魚三楼

050-5263-5422

※予約・お問合せの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

ネット予約

250年の伝統と“今を感じる”会席料理を堪能。接待、お祝いの席から法事・慶事まで

幕末の主舞台として、酒処として。独特の歴史や景観を形成してきた伏見において、【魚三楼】は明和元(1764)年に創業。代々、伏見港に揚がる魚介や京野菜、酒造りにも使われる豊かな地下水を用い高級料理屋として名を馳せてきました。当代で九代目となる今もその伝統はしっかり受け継がれ、食材へのこだわりに妥協はありません。加えて当代は、かつおと昆布以外のだしを用いたり、油分や、トリュフ、鴨肉といった洋の食材を効果的に取り入れ、当代の味、時代の味を表現。「今のニーズに応えてこそ歴史が継がれていく」ことを教えてくれます。中庭を望む和の贅を凝らしたお座敷や大広間があり、接待、お祝いや記念日、法事・慶事にも最適。

魚三楼
これだけは食べてほしいベスト3

会席料理の蒸し物より。白ではなく黄色の『かぶら蒸し』

すり下ろした聖護院蕪に黄身を加えてコクをプラス。ふわっとした中に、道明寺粉のつぶつぶがアクセント。

メニューを見る

会席料理の蒸し物より。白ではなく黄色の『かぶら蒸し』

産地直送と中央市場で仕入れる、その日の旬を盛った『お造り』

魚介は明石を中心に各地から直送され、主人自らも中央市場で目利き。日ごとの旬を堪能できます。

産地直送と中央市場で仕入れる、その日の旬を盛った『お造り』

【魚三楼】の会席料理の定番。トリュフ香る『すっぽんの茶碗蒸し』

コースの1品目は、すっぽんスープで上品に仕立てた茶碗蒸し。具はすっぽんの身とトリュフという贅沢さ。

【魚三楼】の会席料理の定番。トリュフ香る『すっぽんの茶碗蒸し』

料理人 / 荒木 稔雄 氏 (アラキ シゲオ)

専門ジャンル:日本料理・懐石・割烹

引き継いできた先人、支えてくれた方々への敬意を忘れず

1960年京都府生まれ。高校卒業後、【伊勢長 帝国ホテル】に入社し料理の腕を磨く。1987年、株式会社魚三楼に入社、2008年、代表取締役に就任。若手料理人で作る京都料理芽生会元会長。現在、日本レストラン協会理事、京都料理組合理事など多くの役職に付き、世界へ向け、日本料理の発展に尽力。魚三楼を支えたきた先人らに敬意を払い、「本質を見極め、ぶれることのない料理」をモットーとする。

プロフィールを見る

荒木 稔雄 氏

魚三楼の店舗情報

基本情報

店名 魚三楼
TEL

050-5263-5422

075-601-0061

※予約・お問合せの際は「ヒトサラ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

ネット予約

最寄駅 京阪本線 伏見桃山駅 徒歩1分
近鉄京都線 桃山御陵前駅 徒歩2分
アクセス 「伏見桃山駅」東出口よりダイコクドラッグ角を右折、約50m/「桃山御陵前駅」改札出て右へ、一筋目左折
住所 京都府京都市伏見区京町3-187 大きな地図を見る
営業時間
【月・水〜日・祝・祝前】
ランチ 11:30〜15:00 (L.O.14:00)
【月・水〜日・祝・祝前】
ディナー 17:00〜22:00 (L.O.19:30)
定休日 火曜日
年末年始、他月1回連休あり

ネット予約

お支払い情報

平均予算
【ディナー】
15000円
【ランチ】
5000円
クレジット
カード
UFJ, VISA, JCB, ダイナース, DC, UC, AMEX, MASTER

設備情報

キャパシティ 90人 ( 宴会・パーティー時 立席:90人 着席:60人 )
駐車場 なし

詳細情報

禁煙・喫煙 禁煙席あり
こだわり
  • クレジットカード利用可
  • 分煙
  • コースあり
  • 個室あり
  • 日本酒充実
  • フードアレルギー対応可
ホームページ http://www.uosaburo.com/

ネット予約カレンダー

201702
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26× 27× 28× 1 2 3 4
201703
26 27 28 1× 2× 3× 4×
5× 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21× 22× 23× 24 25
26 27 28 29 30 31 1

空席あり 残りわずか ×受付終了

このお店のクチコミを見る

伏見×和食全般のアクセスランキング

もっと見る

伏見でランチの出来るお店アクセスランキング

もっと見る

伏見で送別会におすすめのお店

もっと見る

お店からのおすすめをチェック

ページトップ